Icent-日常の1コマに楽しみを-

プロにしてみたよ!いろんなこと書くので読んでみて!面白かったり、タメになったら星欲しい!

今年の卒業生へ。(大学生までの人へ)

様々な日程の変更で地元の卒業式の日程すら理解できていないが、

メディアに取り上げられているようにかなり例年の動きとは違うみたい。

 

ただこの時期になるといつも思っていることを書いてみたいが、

長くなりそうだからシンプルに。

 

これから進学、就職など年齢や進路によって場面が違うと思うが、

共通する部分はひとつだけあると思っている。

それは

 

「あいさつ」

 

だと思う。

小学校から中学校、高校までは、

当然、上級生がいるし、部活などでもかなり密接な関係になり、

いい部分でもイヤな部分でも上下関係が生まれ、

その中ではどうしても不安になったりすることがあると思うが、

「あいさつ」を重視するだけで不安を解消したり、

イジメなどの発展にはなかなかなりにくくなるはず。

 

あくまで自分自身での経験からだが、

進学デビューによって急に態度がデカくなる人がいる。

気持ちはうれしさいっぱいなのはわかる。

でも「あいさつ」は基本であり、

上級生の中には、

「あいさつができない後輩」という目線を向けられると

輝かしいスタートからマイナスのイメージを持たれたスタートへなってしまう。

 

恥ずかしくても、知らない人にでも、過度じゃない丁寧な、

「あいさつ」

を心がけてみると知り合いが増えるし、

上級生からも

「あいさつもできなくて調子に乗ってる」

とは思われないでしょ?

 

ちょっとズレた上級生がいるかもしれないが、

それ以上に

「丁寧な新1年生だな」と思う

上級生の人のほうが圧倒的に多いよ。

 

そういう人たちと触れ合うことで

学業、部活などに専念できる場面が多いし、

そこから助け合いの精神も生まれてくる。

 

これは小さなことかもしれないけれど、

できる人とできない人では大きく変わってしまう部分を後でまた書きます。