Icent-日常の1コマに楽しみを-

プロにしてみたよ!いろんなこと書くので読んでみて!面白かったり、タメになったら星欲しい!

どのタイミングでも読める本

f:id:Icent:20200409144933j:plain

今日は季節はずれの雪が降っているということで

なかなか外での作業が進まないので、

事務的な仕事を進めているが、

 

今まで本の紹介というのはしたことないと思う。

というのも、

いろんな人のブログ拝見させて頂くと、

本の紹介も多い。

 

だが、俺、普段そんなに本を読む人間ではなかったため

(最近になって読み始めている)

なかなかオススメできなかった。。

 

そんな中、

普段、本を読む機会の少ない人、

小説系などの話が何冊にも渡り展開していく本を苦手とする人

(定期的に読むことが難しい人)、

一冊を真剣に読むことが難しい人、

 

そんな人への本の紹介。

 

f:id:Icent:20200409140339j:plain

タイトル

「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰(Sanctuary books)

著者:池田貴将

発行・発売:サンクチュアリ出版

 

ネタバレ等は一切しないので、

そのまま読んで大丈夫 笑

 

知らない人はいないだろう、

吉田松陰

長州藩士であり、思想、教育者として知られ、

名前と共に私塾である松下村塾が有名かな?

この松下村塾での塾生というのが

後の明治維新に大きく関わりを持つこととして有名。

 

ただ、この本にはその明治維新や歴史の話はない。

吉田松陰

残した教え、言葉を

現代の言葉に置き換えている本。

 

オススメのポイント

①どんな世代の人達にも読みやすく、

ページでの伝えたいことをシンプルにまとめている。

 

②1ページごとに言葉が完結するため、

時間のある時に少しずつ読み進めることができる。

 

③職業、ジャンルにとらわれないので、

経営者でも学生でも伝えたいことが統一している。

 

④自分との向き合い方を再発見させてくれる内容になっている。

 

⑤昔の思想家の人の考えは現代にも通用、共通する部分が多くあり、

当時の特に明治維新等で関わりを持った人達の

思想をホンの少しでも感じ取れる気がする。

 

⑥この本を読み終えると、自分自身に対する考えに変化が起きる。

俺が一番この本で感じたのはこの部分。

読み終えると、今までの自分の仕事や日々の過ごし方に

違う方向での考えを持つことができるようになった。

 

⑦何度でも読み返せる。

意識の仕方だとは思うが、この本を読んで共感できる部分などが出ると

自然とこの本を手に取り、読み直すことがある。

全てが正しいとか、そういう考えではなくて、

あくまで、自分の意識や考えをしっかり持ちたい

芯をブラしたくない人には特にオススメ。

意識の再構築とでもいうべきかな?

 

⑧文章が深く、1ページごとで考えさせられる本になっている。

 

特に、今なにかで悩んでいる人や企業、事業を始める人、

この情勢での生活で少し心に疲れが出ている人へも、

オススメ。

 

内容は書きたくないので、

読んだ感想を書くと、

 

自分の心をまるで

包丁を研いでいるかのような感覚になる。

読んでいて、心がモヤモヤするところはないので、

ぜひ読んでみてほしい。

 

 

最後に、

タイムスリップできるなら塾生になりたかった!

 

 

できれば星も欲しいけれど、

横の投票ボタンとか押してくれるとかなり励みになるので押して欲しい!