Icent-日常の1コマに楽しみを-

プロにしてみたよ!いろんなこと書くので読んでみて!面白かったり、タメになったら星欲しい!

やっぱり春。でも注意も必要。

f:id:Icent:20200410123453j:plain

 

コロナについて色々と調べていたが、

昨日、俺の住む地域は季節はずれに近いほどの大雪。

うん、積もったよね。

おかげで朝から牛舎は解けた水でいっぱい入ってきたから、

楽しい牛舎内の全面掃除だったよ笑

 

おかげで2時間近くかかったし、

今朝ごはん食べたよ。。。

 

いや、そんなことどうでもいいんだけどね。

 

 

気温の上昇で朝からいい天気なのだが、

少し気になることが。。

 

 

 

 

牛舎内と事務所の

 

「雨漏り」

 

現在進行形でこのブログを書いているパソコンの横でもポタポタしてるんだけど、、

どの建物にもよくあることかもしれないが、

この雨漏り、

単純に漏電事故の要因にもなる。

 

特に牛舎内は天井付近などはなかなか掃除の手が入りにくく、

ホコリなども多いため、

漏電による火災が起きた場合、

その火の手は一気に広まり、延焼が少しで収まった。というケースは少ない。

むしろ全焼のケースが多い。

 

またバルク等の設置がある処理室は電気配線も多く、

ネズミなどの対策は多くの農家でもみられるが、

天井のホコリとか見たことある人いる?

少数派だと思う。。

 

漏電ブレーカーなどももちろんあるが、

古くなった牛舎などではきちんと機能しているかといわれると

不安になる人もいるハズ。

 

よくある話だが、

電気屋さんに漏電を見てもらおうと思ってた矢先に漏電が原因での事故、故障が起こる

けっこうある話。

 

早めに、定期で見てもらうのが一番だが、

特にこの時期は雨漏りがひどくなる時期でもあるため、

ある程度自分で施設を点検しながら掃除?も必要かなと思うし、

雨漏りの多くは、屋根の損傷よりも

釘穴からの漏水が多い。

 

牛舎などの屋根には傘釘が一般的だと思うが、

年数が経つと浮いてきたり、

錆びて腐食し隙間が生まれるため、

そこからの漏水というのが多い。

 

ただ厄介なところが、

 

・無作為に屋根に傘釘を打つと、屋根を押さえている木材に当たらず、

無駄な穴を増やしてしまう。

・力加減間違えると屋根を損傷させる

・傘釘の打ち込みが足りず、最後に釘が曲がってしまう

 

など、自分でいざやりましょ!

今日から俺は大工さんや!

って思う意気込みはいいんだけど失敗すると痛手を食う。。。。

 

そんな人に少しの期間だが漏水などを抑える補修アイテムが、

 

コーキング!

f:id:Icent:20200410121624j:plain

こんな感じの道具見たことある人多いでしょ?

ホームセンターに売られているし、

コーキングボンドも屋根用がある。

使い方は簡単で、

この器具に、ボンドをセットして、

打ち込むのみ。。

ただ、ボンドは使いきりタイプが多いと思うから

やるなら一度に補修をするつもりのほうが損はないかな?

 

作業するポイントとして、

錆びた釘の場所

一度抜いて、ボンドを少し垂らし、

・新しい釘でフタをする感覚で打つ(たぶんスッと入ってしまうから)

・浮いた釘は打ちつけてからボンドを釘の周りに塗り少し厚みを持たせたままにする

(抜いて新しく打つのもアリ)

・劣化や腐食のある屋根には少し大目でもボンドを直塗り

 

これをするだけで少しの期間は補修としての効果はある。

ただし、

これで全てオッケーではない。

季節の変動などによってコーキングが剥がれたりすることもあるので、

屋根の張替えなどの一時的な期間でしか効果はないので注意。

高さのある場所での作業となるので安全な作業にも

気を配ってほしい。

 

これをするだけで一時的でも

漏水やそれらによる漏電、機械の破損など防げるので、

自分で手をかけてあげることも必要だと思う。

 

また、牛舎などの施設以外でも

自分の家でもこういうことができるとなれば

やるのも一つ。

DIYっていうのかな?こういうのは。。。

 

でも自分の持ち物、ましてや建物などは財産にもなるので、

こういう作業も条件が整えばやってみるといいかも。

 

もっとも、専門の人、大工さんにお願いするのも大事だけどね。

自分の物なので自分である程度は手をかけたいので、

俺は今から屋根の補修してくるね。笑

 

やったことない人でも

作業は簡単だし、楽しみながらできるかも?