Icent-日常の1コマに楽しみを-

プロにしてみたよ!いろんなこと書くので読んでみて!面白かったり、タメになったら星欲しい!

妊娠中のママを救うのはあなただけ。

f:id:Icent:20200410182532j:plain

 

屋根は直したよ笑

(https://icent.hatenablog.com/entry/2020/04/10/123637

 

正直、高さのある場所での作業だったので、

怪我したくないなー

こんなことで怪我して病院ってなると、

コロナでピリピリしている今、病院に行くのは申し訳ないなー

 

と思いながら無事に作業を終わらせたワケだが、

 

病院に必ず通院しなければならない人はいる

 

そう考えたとき、今、妊娠している人はこの状況って、

かなりのストレスかなと感じた。

 

俺は男性なので、

女性の気持ちがわかるのかい?

そう思う人も多いと思う。

正直、女性の本音の気持ちまではわからんよ。

でも、妊娠中の女性はマタニティブルーという言葉があるように、

不安になることも多いし、感情的になってしまうこともある。

実際に俺も経験したが、

女性の、ママの

いきなり襲いかかってくる不安な気持ちなどを払拭することはできない。

 

気分転換という外に出るとかドライブとか解消する方法は何個もあるんだけど、

今の自粛生活の中でなにができる?

俺がママのマタニティブルーを解消、緩和させたくて行動していたのは、

・ドライブ

・買い物を一緒に行く

・親戚などへ結婚もかねてのあいさつ

 

など、基本は外に出る、

いつもの環境に変化を加える

こんな考えしかなかったので、

今考えたら、

全部不可

今のこの状況では当時の俺ならなにもできないに等しい。。

 

ましてや、実家に行ってみるなんてもってのほかだと思うし。

そう考えていったら、今、妊娠中のママさんは

言葉に表せないぐらいの不安が常に取り巻いている。

 

でもこんな時、

男性、パパになる人にはなにができるの?

 

俺も完璧な人間ではないけれど、

経験をした中で提案というのはできるかなと。。。

 

全部やってほしいとか

全部やらなきゃダメなんていうつもりもないし、

それが必ずしも正解とも限らない。

 

でも今、妊娠中の女性に手助けできるのはパパとなる人のみ。

これは自覚していい。

むしろ最初からその自覚がなければ親にはなれないと思うが、、、

 

そんなに難しくないよ。

 

・家事の手伝い

全般だが、いつも任せっきりの人は洗濯物ひとつでも干すのを手伝う

 

・買い出しは極力自分で行く

この状況、ママさんにも産まれてくる子供にも健康でいてほしいなら

買い物リストでも作ってもらい、最低限の行動範囲で買い出しを行く

 

・水でもお茶でも欲しい物を聞いてあげる

飲み物だけではないが、妊娠中の女性は好みにも変化が出るぐらい

食べ物を欲しがったり、逆に今まで好きなお菓子が苦手になった

など変化が出ることもあるので、なにか欲しいものある?などの

声を一つでもかけてあげる

 

・でも無理に話をかけることはせず、あくまで自然体で

中には「一人でいたい」「少し静かにして欲しい」など言われることあると思うけど、

それは嫌いになったからじゃなく、あくまで気持ちが落ち着かなくなる状態なので、

無理に話をかけたりすると不安が増すので注意を。

 

・家での映画鑑賞や共通の趣味を尊重させる

映画でもなんでもいいのだが、共通する好きなことをやってみるというのはいいのかもしれない。外に出れない分、映画が一番オススメだと思う。

 

・なるべくならそばにいてあげる

これだけで気持ちが落ち着くという女性の人も多いと思うし、

不要不急の今ではこれが少しでもできるんじゃないかな?

 

少し多く書いたかもしれないが、

簡単にしてしまうと、

妊娠中のママさんには家事一つでもけっこうな作業となる

それの中の一つでも手伝うことでママさんを支えてあげられればいいんじゃないかな?

 

そしてママさんの不安、不満を受け入れて、

解消させてあげられればきっといいパパになれるし、

夫婦の絆も深まると思うのでやってみて。

 

 

でも今日の金曜ロードショー、、、

コナン君だったかな?笑