Icent-日常の1コマに楽しみを-

プロにしてみたよ!いろんなこと書くので読んでみて!面白かったり、タメになったら星欲しい!

酪農家の弱点とは。

f:id:Icent:20200416221249j:plain

少し長くなるかもしれないけれど、、、

経営面や世の中の情勢でーという話はおそらく書いたら

文字数ハンパないので別の機会にしようと思っているが、

 

 

いろんな酪農家の皆さんが抱え、

問題となり、

弱点ともなり得る、共通部分。

 

 

 

 

 

 

 

なんだかわかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは、

「家族労働の難しさ」

 

ほぼ99%の酪農家の人が抱える悩みではないか?と思う。

家族労働の中で全員が毎日、不満ゼロで労働、生活をしている人は

たぶんいない。

誰かしらか何かを抱えているパターンが多い。

 

 

特に俺の住んでいる地域では親と子が世代交代の年の人が増えてきた。

俺は25歳のときに父親とは実家、現場は同じでも

法人立ち上げ、形だけは違う経営スタイルにした。

 

あえて

そうでもしなければ、

この親子間の経営に対する問題、

経営委譲するときの様々な揉め事を、

周りの人達を見て苦い思いをした姿を見てきたから避けたかった。

 

 

ただし、実際は

・同じ現場である

・家族労働の範囲内である

・仕事のサポートでは家族の協力が入る(求めても求めていなくとも)

 

これらの部分が切り離せないので

経営スタイルを変えても結局ブーメランのように問題は戻ってきてしまったのが

現実ではあるんだけれどね。

 

 

ただし、この問題は昔からあることなのだが

かなり重要。

 

親と様々な部分で合わず

家を出て別の職業に就いてしまう

 

これがかなり多い。

 

 

我慢しなさい。

 

そう思うかもしれないが、

我慢できる部分とそれを超える部分があり、

その蓄積の結果、

最終的には誰かが耐え切れなくなることが多いからである。

 

 

じゃあどうすれば?

自分自身でも明確な答えはまだないのだが、

実際にやっていることを少し書いてみるので、

もし同じ境遇、

ジャンルは別でも

少しでも誰かの手助けできるなら良しかな。

 

1、待たない

どんな行動も待たない

ということをやってみる。

 

よくあるのが

親の支持を待つ子供

この関係を続けると、いつまで経っても経営委譲に難色を示され、

嫌味のように

親に「まだ早い」と言われる

 

反面、指示待ちだけでは

そう思われても仕方のないこととも思えるので、

常に行動は家族の中でも自分から。

待たない。

 

ということに徹してみると

家族の中でも

誰が指揮権を持っているのか?

という考えに変化が出てくる。

 

 

2、家族間であっても意見は尊重する

親であれ兄弟であれ、

仕事でのアドバイスや相談事はよく聞き、

明確な答えを出してあげること。

時には相手を尊重して仕事の手順を変えたり、

いろいろと協議することも必要。

特に親からの意見は

「言われなくてもわかっている」

と子供がよく言っているのを耳にするし、

実際俺も言われたこともあるが、

そこは素直に

「わかったよ。ありがとう。」

この返答でいいんじゃないかな?

一つ一つの発言に

反発してもなにも生まれないので。。

 

 

3、仕事と生活をキッチリ分ける

なんでもかんでも

俺が先頭にーーー

なんて動いたらおそらく揉める笑

そしてかなり疲れる。。。

 

これははっきりしているので、

場面に合わせて

あえて力を抜く、

頼るところは頼る。

まるで電気のスイッチのように

オン・オフ

を自分の中でも使い分けてみると

生活も共にしている場合は

特に意識してみるといい。

 

4、甘えない

家族経営での最大の弱点であり、

問題なのは

 

甘え。

 

「家族の誰かがやってくれるだろう」

そう思っている人はいない?

でも一般の会社や組織の中では

こんな考えで仕事をしている人はいないし、

誰かが甘えると

次の人が負担となり

甘えるor余す

そして次の人が。。。

と負の連鎖が始まってしまう。

 

それらを断ち切るには、

甘えを捨てていくこと。

逆に誰かがこの考えを持つと

その意識は伝染し、

家族間でも甘えはなくなっていくことがある。

 

 

まぁ。。。察しのいい人は気づくと思うが、

家族の中で

一番の甘えを出してくるのは

 

今、経営を受け継ごうとしている人ではなく、

 

 

 

親である。

 

 

俺の場合は

父親である。

 

父と息子。

これは話が逸れるので別の機会にしよう。

 

ただ俺はこの部分、

解決策で有効な一文として残すなら、

 

「受け流す」

 

数ある方法の中で

一番、

揉めず

対立せず

家族間の関係を保ち

不満を抱えない

 

方法かなと思う。

 

 

無視はダメだけどね 笑

 

でも1-4について少し考えてみるのはいかがでしょうか?