Icent-日常の1コマに楽しみを-

プロにしてみたよ!いろんなこと書くので読んでみて!面白かったり、タメになったら星欲しい!

俺が弟を解雇した結果。第三章

前回の話はこちらです。

俺が弟を解雇した結果。第二章

 

 あれから約一年。

実は今月で弟の全ての返済、個人的な借用も全て返済し、

あれから約一年という短い時間かもしれないが、

俺にとっては、

人生たった30年しか生きていない人間の言葉としては軽いが、

 

こんなに長く

こんなに苦しい

時間を過ごした一年はなかった。

 

この間にあった出来事もかなり内容の濃いものばかり。

それらは今後書いていくつもりではいるが、

この三章に分けて書き続けてきた

 

伝えたかった内容。

 

それは、

 

 

得た物。

 

失ったものは数え切れないほどあるし、

中には、友を失う場面もあった。

ただ、人って

苦しいときにこそ見えるものがあり、

 

そこで得た友は、

そこで見捨てず、

支えてくれた人は、

 

 

忘れることが出来ないし

感謝という言葉では表現できないものがある。

 

逆にあっさりと

今までの関係を切り捨て

見放して言った人達もいた。

 

俺にとってどういう人、

どこまで信用の置ける人なのか?

今後、どのように感謝をカタチにしなければならないのか?

 

 

俺の中で大切にしなければならない人とは。。。

 

 

ピックアップして選んだわけでなく、

今日この日まで

俺と繋がってくれた、

支えてくれた人。

 

そういう人達に巡り会えた。

それがおそらくこの一年の中で得た大きな財産なのだと確信できた。

 

 

 

確かに お金 はないよ 笑

全部使った。

税理士に見限られるほど使った。。

 

 

 

今までは、

キレイごと言っても最後はお金に結びついてしまう。

 

 

そこまでの頭しかなかった。

 

ただ、人とのつながりというものに向き合い、

考え付いた先には、

 

お金

 

というワードではなくなった。

 

そりゃあ有るに不自由なことはないし、

 

「いらないですぅー」

なんてカッコつける気もない。

 

でも、

1人では生きていけない。

お金では本当に残るものを得ることが出来ない。

そんなことを痛感させられた一年だった。

 

 

不思議だよね。

正直、人とお金に悩まされたハズなのに、

今ではそのお金というものの概念に

固執してはいけない。とまで考えてしまう。

 

この考えが正しいとか

推し進めて書く気もないのだが、

今の俺はそう捉えている。

 

もし、似たような人、

いや、ちょっと特殊かも笑

でも金銭面で悩み、

目の前にいる隣人さえも信用できなくなってきた人がいるのであれば、

 

 

俺が、

苦しいときに一番心に響いた言葉があるので少し読んでみて?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「財布が貧乏になっても、心は貧乏になったら終わり」

 

 

 

 

一番苦しいとき、

知り合いの人に悩みを打ち明けて、

最後に言われた一言がこれだった。

 

 

この瞬間まで、

俺は周り全ての人がイヤになるほどの気持ちで一杯だったのに、

この言葉を聴いて、

涙が出てしまった。

でも、その言葉を胸に刻んで、

腐らないで、

今日までやってこれた。

 

 

毎日頭の中で復唱していた。

 

 

 

 

 

せめて俺は

「財布が貧乏でも、心は豊か」でありたい。

 

 

 

 

 

 

 

3章まで読んでくださり、ありがとうございます。

今日までの心境を書いてみました。

まぁ、当面の目標、目的は

本業が落ち着き始めているので

こういうブログも通じて、

いろんなパソコンでもなにかできることを探したり、

いろんなことへチャレンジしてみたいなと思ってます。

ネットを使ったビジネスって

日中、動物相手だとなかなか難しいけれど、

すごく興味もあるし、間違えることもあるかもしれない。

 

それでも新しい道を模索してみたい

そういう気持ちが強いので

いろんなことやってみます。

 

また少しずつ、書いていこうと思うので

よろしくお願いします!!